パパの子育て応援サイト パパも

Since 2008-08-08
Update 2010-09-17
      トップページ   <   検索結果

- 検索結果 -
< 1 >

発熱とは   TAG: 平熱 免疫力 熱さまし(解熱剤
せん。 熱さまし(解熱剤)を使うのも、38.5度を超えていて、かつ、元気がないなどの場合だけです。 熱が出ただけでは、心配いりません。 ウィルスが神経・心臓・脳などに入り込むと大変で、そういう場合は大抵発熱していますから、混同されたの…

熱の出方・下がり方   TAG: 出始め 高温期 下がり始め 発汗 解熱剤
薬剤師の指示によって解熱剤を使うことができます。 自分の判断だけで使うのは乳児の場合は避けた方がいいかもしれません。 なお、熱を下げてもまた発熱してしまうことが多いでしょう。 その場合、更に体力が奪われることになります。 下げると楽になり…

発熱時の対応   TAG: 解熱剤 おでこ 放熱 冷やす
と分かっていても) 解熱剤は8時間おきなどの制限があり、使えない場合の熱を下げたい場合の対処です。 昔は水枕や氷嚢(ひょうのう)というのが熱の対処だったりしました。 熱から脳を守ろうということだったのでしょうが、今は基本的に必要ありませ…

これはしちゃダメ   TAG: 暖めすぎ 冷やしすぎ 解熱剤 食べさせる お風呂
た。 2 安易に解熱剤を使う 体温がなぜ上がるかというと、ウィルスなどを攻撃しやすくするためで、体温が1度上がると免疫力は3倍にもなると言われています。 下げるとせっかくの攻撃力が失われますし、また体温を上げるために体力を消耗します。 …

インフルエンザ   TAG: インフルエンザ 予防接種 高熱 解熱剤
ます。 自己判断で解熱剤を使うべきではありません。 熱を下げた場合、インフルエンザ脳症の危険があります。 体が熱を作ってウィルスと戦っているのですから、下げない方が良いのです。 普段の予防では、手洗いが最も有効です。 アルコール(60…

< 1 >





feed パパもを購読

 


▼ マイウェブログ ▼
Koumei Soft 開発ログ
PC MANIAX weblog
みんなの保健体育

▼ PR ▼

   パパも (トップ)
赤ちゃんが欲しい
妊娠したら
マタニティーとプレパパ
出産準備
里帰り出産がベスト?
陣痛から出産まで
産まれた!
最初のひと月
お世話の極意
離乳食
お出かけしよう
病気と予防接種
発育のこと

子供の病気辞典
熱が出たら
吐いたら
せきが出たら
けいれん
流行の病気
Enjoy Your Life with Baby!