Since 2008-08-08
Update 2010-10-20
      トップページ   >   インフルエンザ

- インフルエンザ -
並 大 特大     G M
インフルエンザ 予防接種 高熱 解熱剤
 インフルエンザに対抗するには、何より予防接種が必須です。
 
 インフルエンザの予防接種はインフルエンザにかからないようにするものではありません
 感染は(現在のワクチン注射では)防ぐことはできないのです。
 
 試験中の点鼻ワクチンにはかからないようにする効果が期待できるそうですし、注射ではないので小さい子供も痛いことをしなくても予防接種ができますから、将来的にはかなり期待が持てます。
 
 では、インフルエンザワクチンは何を期待するのかというと、ウィルスが進入した場合に症状が出なかったり、出ても軽く済むことを目的としています。
 
 
 インフルエンザにはA型B型C型があり、C型は流行しにくいと考えられています。
 A型にはAソ連型A香港型新型があり、それとB型の4種類が流行性のインフルエンザです。
 このうち、新型以外を季節性インフルエンザと呼びます。
 昨年の予防接種では、季節型と新型が別になっていましたが、今年から混合になっていますので、1種類のワクチン摂取での予防が可能となっています。
 
 予防接種は13歳未満は2回、13歳以上は1回で必要な免疫力を確保できるとされています。
 これは、13歳未満の場合は免疫を作るのに対し、13歳以上では免疫を思い出させるのだそうです。
 
 何の予防接種でもそうですが、家族のひとりでも受けるなら全員が受けるべきです。
 特に小さな子供がいる場合は、必ず全員で受けましょう。
 小児科でも、子供だけでなく大人も受けられる場合があります。
 娘に小児科で予防接種をしに行ったら、先生に説得されて全員がそこで摂取を受けました。
 なので、私も小児科の診察カードを持っています。
 診てはくれないでしょうが。
 
 
 インフルエンザの特徴はその発熱でしょう。
 高熱が出たら、すぐに医療機関を受診してください
 インフルエンザに有効だとされる薬も全て医師の処方でのみ入手可能です。
 風邪の治療薬はありませんが、インフルエンザにはあります。
 また、安静にすることで、治癒だけでなく、他の人への感染も防ぐことができます。
 
 自己判断で解熱剤を使うべきではありません
 熱を下げた場合、インフルエンザ脳症の危険があります。
 体が熱を作ってウィルスと戦っているのですから、下げない方が良いのです。
 
 
 普段の予防では、手洗いが最も有効です。
 アルコール(60~80%)での消毒も有効ですが、手洗いして水分が残っていると殺菌力が弱まりますので、先にアルコール消毒してから手洗いの方が良いそうです。
 
ロタウィルス感染症 < 前 | 次 > 煙草とニコチン


このページへのトラックバックURL :
内容確認後に表示されます。 また日本語を含まない、又はこちらへのリンクがない場合は無視されます。

Comments
コメントはありません
コメントをどうぞ
お名前
URL (お名前からリンクされます)
メールアドレス (連絡用、表示されません)
タイトル
コメント 必須入力、コメント以外の項目への入力は任意です)

内容確認後に表示されます。日本語を含まないコメントは投稿できません。HTMLタグは無視されます。
Trackbacks
トラックバックはありません




feed パパもを購読

 


▼ マイウェブログ ▼
Koumei Soft 開発ログ
PC MANIAX weblog
みんなの保健体育

▼ PR ▼

   パパも (トップ)
赤ちゃんが欲しい
妊娠したら
マタニティーとプレパパ
出産準備
里帰り出産がベスト?
陣痛から出産まで
産まれた!
最初のひと月
お世話の極意
離乳食
お出かけしよう
病気と予防接種
発育のこと

子供の病気辞典
熱が出たら
吐いたら
せきが出たら
けいれん
流行の病気

相互リンク
   相互リンク申し込み
   相互リンク集

外部リンク
厚生労働省マーク 厚生労働省
├ 子ども・子育て支援
├ 新型インフル対策関連
├ たばこと健康に関する情報
└ 育児相談・虐待相談



  (ルビ表示が正しくない場合)


Enjoy Your Life with Baby!