Since 2008-08-08
Update 2010-10-20
      トップページ   >   これはしちゃダメ

- これはしちゃダメ -
並 大 特大     G M
暖めすぎ 冷やしすぎ 解熱剤 食べさせる お風呂
 発熱でも、出始めと上がってからでは対処が違います。
 更に、民間療法というか俗説というか、昔のやり方が違っていることもあります。
 
 
 1 厚着、暖めすぎ、汗をかかせる
 上がり始めに暖めるのは(寒気がするのですから)悪くはありませんが、上がりきった後に暖めてはいけません。
 手足や頭が熱く、顔に赤みがさしているときなどには、汗をかかない程度にしましょう。
 病院に行くと必ず言われます「着せ過ぎですよ」と。
 何度も言われました。
 
 
 2 安易に解熱剤を使う
 体温がなぜ上がるかというと、ウィルスなどを攻撃しやすくするためで、体温が1度上がると免疫力は3倍にもなると言われています。
 下げるとせっかくの攻撃力が失われますし、また体温を上げるために体力を消耗します。
 医師や薬剤師の指示に従って、必要最小限に留めましょう。
 
 
 3 冷やしすぎ
 解熱剤を使わない代わりに冷却剤などで冷やしますが、冷やしすぎはもちろんダメです。
 冷却剤をタオルなどで包み、凍傷の危険がないようにして冷やします。
 冷却剤は小さな(ケーキを買うと入っている保冷剤など)ものが便利です。
 
 
 4 食欲がないのに無理に食べさせる
 発熱時には水分が必要ですが、胃腸が弱っている場合もありますから、食べたがらない場合はミルク(母乳)やフォローアップミルク、果汁などにしましょう。
 昔から病気ならおかゆと梅干いうのが定番で、消化も良く負担にならないのでお勧めです。
 梅干には塩分クエン酸が入っていて、スポーツ飲料にも塩分とクエン酸が入っていますよね。
 風邪にくず湯(葛湯)も定番ですが、漢方葛根湯があるくらいですから、これもお勧めです。
 
 
 5 38度以上でお風呂に入れる
 ちょっとした熱ならお風呂に入っても大丈夫ですが、38度を超えたらやはり避けましょう。
 下がったときは様子見で、特に手足が冷たいときはまた熱が出るかもしれませんから避けた方がいいでしょう。
 
 
 6 熱が下がってすぐ普段どおりにする
 熱が下がった後、また上がるかもしれませんし、下がったといっても体力は回復していません
 病み上がりという言葉がありますね。
 体力の回復のため、1日程度は大人しくして、外出も控えましょう。
発熱時の対応 < 前 | 次 > これで大丈夫


このページへのトラックバックURL :
内容確認後に表示されます。 また日本語を含まない、又はこちらへのリンクがない場合は無視されます。

Comments
コメントはありません
コメントをどうぞ
お名前
URL (お名前からリンクされます)
メールアドレス (連絡用、表示されません)
タイトル
コメント 必須入力、コメント以外の項目への入力は任意です)

内容確認後に表示されます。日本語を含まないコメントは投稿できません。HTMLタグは無視されます。
Trackbacks
トラックバックはありません




feed パパもを購読

 


▼ マイウェブログ ▼
Koumei Soft 開発ログ
PC MANIAX weblog
みんなの保健体育

▼ PR ▼

   パパも (トップ)
赤ちゃんが欲しい
妊娠したら
マタニティーとプレパパ
出産準備
里帰り出産がベスト?
陣痛から出産まで
産まれた!
最初のひと月
お世話の極意
離乳食
お出かけしよう
病気と予防接種
発育のこと

子供の病気辞典
熱が出たら
吐いたら
せきが出たら
けいれん
流行の病気

相互リンク
   相互リンク申し込み
   相互リンク集

外部リンク
厚生労働省マーク 厚生労働省
├ 子ども・子育て支援
├ 新型インフル対策関連
├ たばこと健康に関する情報
└ 育児相談・虐待相談



  (ルビ表示が正しくない場合)


Enjoy Your Life with Baby!