Since 2008-08-08
Update 2010-10-20
      トップページ   >   身体が大きい・小さい

- 身体が大きい・小さい -
並 大 特大     G M
発育 身体 パーセンタイル バランス
 大きいことより小さい方が悩むかもしれません。
 パパ的には大きいことはいいことです。
 太っているのではダメですが。
 
 母子手帳などにある成長曲線を見てください。
 90パーセンタイルであれば、色分けされた部分に90%の赤ちゃんが入るというグラフです。逆に言えば10%の赤ちゃんはその範囲に入りません。なので範囲に入らないからといって即異常というわけではありません
 
 成長曲線に沿って成長していれば問題ありませんが、著しく範囲を逸れていたり、片方は高い位置でもう片方が低い位置とバランスが崩れているのは何か問題があるかもしれません
 身長はコントロールできませんが、体重のバランスが崩れている場合(肥満)はコントロールしてやる必要がありますので、専門家に相談するようにしましょう。
 
 
 実際のところ、小さい子供の方が得をします
 服も靴も同じものが長く使えますし、人からも可愛がってもらえます。
 現在、娘は3歳になったばかりですが、2歳のときに4歳に見られていました。
 そうなると、4歳の知能もなければ運動能力もあるはずもなく、行動は2歳のままなのでできない子に見られてしまいます。
 赤ちゃんのときから小児科の先生が大きいのは損だよといつも言っていたくらいです。
 
 テレビの天才子役は、年齢より小さく見えることが絶対条件です。
 昔、エマニエル坊やというのがいましたが、実際は小人症だったようです。
 
 ということで、大きいのもさして良くありません。
個人差が大きい < 前 | 次 > 発育が遅い


このページへのトラックバックURL :
内容確認後に表示されます。 また日本語を含まない、又はこちらへのリンクがない場合は無視されます。

Comments
コメントはありません
コメントをどうぞ
お名前
URL (お名前からリンクされます)
メールアドレス (連絡用、表示されません)
タイトル
コメント 必須入力、コメント以外の項目への入力は任意です)

内容確認後に表示されます。日本語を含まないコメントは投稿できません。HTMLタグは無視されます。
Trackbacks
トラックバックはありません




feed パパもを購読

 


▼ マイウェブログ ▼
Koumei Soft 開発ログ
PC MANIAX weblog
みんなの保健体育

▼ PR ▼

   パパも (トップ)
赤ちゃんが欲しい
妊娠したら
マタニティーとプレパパ
出産準備
里帰り出産がベスト?
陣痛から出産まで
産まれた!
最初のひと月
お世話の極意
離乳食
お出かけしよう
病気と予防接種
発育のこと

子供の病気辞典
熱が出たら
吐いたら
せきが出たら
けいれん
流行の病気

相互リンク
   相互リンク申し込み
   相互リンク集

外部リンク
厚生労働省マーク 厚生労働省
├ 子ども・子育て支援
├ 新型インフル対策関連
├ たばこと健康に関する情報
└ 育児相談・虐待相談



  (ルビ表示が正しくない場合)


Enjoy Your Life with Baby!